外壁塗装にかかる費用のすべて

外壁塗装にかかる費用を説明する上で、まずは外壁・屋根塗装で建坪30坪、シリコン塗料を使った場合の一般的な費用相場を紹介します。

項目 費用 総額
材料費 55万円 89万円
工事費 30万円
諸経費 4万円

費用の内訳

材料費

塗料をはじめ、養生で使うテープやシート、塗装前の下地調整で使う下塗り剤やサビ止め塗料、継ぎ目などに使うコーキング材などが含まれます。

工事費

足場設置、養生、高圧洗浄、下地調整、塗装(下塗り、中塗り、上塗り)、養生外し、清掃、足場撤去など、工事作業にかかる費用項目です。

諸費用

作業車両のガソリン代、写真代、帳票代、近隣対策、保険料、事務用品費、広告宣伝費、雑費などの他、企業の一般管理費も含まれます。

業者によって見積もりの項目や内訳の細かさは異なりますが、パック料金だからといって明細がない場合は気をつけてください。

安さだけじゃダメ!
知っトク外壁塗装の費用とカラクリ

外壁塗装の費用をきちんと把握するために、知っておくべき点として「塗料の種類と相場」や「塗料以外にかかる費用」などを解説。見積もり書のチェックポイントや、業者によって大きく違う見積もり事例も、ぜひ参考にしてください。

3社で比較!こんなに違う!外壁塗装の見積もり事例

会社によってこんな違う!?実際の見積もり3事例をまとめて公開!失敗しないための適正な見積もりや業者選びのポイントを考察します。

ナットクの費用で外壁塗装をするならしっかり施工業者を選ぶべし

外壁塗装業者を比較検討する際におさえておきたいポイントを、テーマ別に分析してみました。優良業者と悪徳業者の見分け方や、保証内容の落とし穴、大手と地元業者の違いなど、ぜひ知ってほしい内容です。

僕の地元「大阪」で!良心的な費用がウリの外壁塗装業者を比較してみました

外壁塗装の場合、ハウスメーカーや大手リフォーム会社に頼んだとしても、最終的に施工を担当するのは地元の塗装業者となります。それなら、初めから自社で施工をしている業者に依頼した方が、中間マージンがない分コストパフォーマンスが高いはず。そこで、僕の地元・大阪の塗装専門業者を中心に、アフターサポートや評判・実績なども重視して14社をリサーチしてみました。施工特徴、費用例、取扱塗料メーカーなどもまとめています。

これで我が家も新築並みの見栄えに外壁塗装Before・After

外壁塗装は劣化の補修という意味合いだけでなく、我が家のカラーリングをリフレッシュするという意味合いもあります。外壁をキレイにすれば気持ちがいいだけでなく、今までと違う色に塗り替えることによって、住むヒトの気分も変わるものなのです。ここではバリエーション豊かな外壁塗装事例を、Before・Afterの写真付きで紹介しています。

外壁のイメージ

覚えておこう外壁塗装工事にかんする専門知識集

一般的に、外壁塗装の依頼を何度もしたことがあるヒトはそういないでしょう。そこで、業者選びや見積もりの比較検討をするにあたって、これだけは知っておきたい専門用語を15ピックアップして、以下に用語説明しておきます。

クラック

外壁に発生するヒビのことで、特に細い線状のものをヘアークラックといいます。そこから雨水などが浸入すると建物の内部に悪影響を及ぼすので、塗り替えをする場合は補修が必要となりますが、パック料金だと別途料金となることがあります。

チョーキング現象

年数の経った家の壁を触ると白い粉状のものが手に付くことがあります。これは塗膜が劣化したことを意味し、この現象をチョーキングといいます。この状態になると塗膜の防水機能も衰えている証拠なので、塗り替え時期の目安となります。

足場

外壁塗装工事をする際は、家の周囲に作業用の足場を設置することになります。一般的な2階建住宅の場合、外壁だけなら足場の高さは6m程度、屋根まで施工するなら7m以上の足場が必要。費用としては設置と撤去の両方が盛り込まれます。

養生

外壁を塗装するといっても、窓やベランダの床などに塗料が付いてしまうのは避けなければなりません。そのため、塗装しない箇所にビニールシートでマスキングをする作業を養生といいます。全体をまとめて養生するより、面単位で順番に養生していくのが常道です。

高圧洗浄

塗装をする前に壁面をキレイにするため行うのが高圧洗浄。水や温水を使って、ポンプ式の洗浄機で汚れやちょっとしたサビなど落としていきます。普通の外壁の汚れなどは高圧洗浄でほとんど落ちますが、下地の素材によっては水圧に注意が必要です。

下地作業・下地調整

劣化が進んだ外壁の場合、高圧洗浄でキレイにしたからといって、即塗装ができるわけではありません。塗料がきちんと塗れるようにクラックを補修するなどの作業が必要で、高圧洗浄も含めてこれらを下地作業、下地調整などといいます。

ケレン

下地作業の一種で、主に鉄部のサビ落としなどの作業を指します。ケレンをきちんとせずに塗装をしてしまうと、内側でサビが進行してしまうので、信頼できる業者ならケレン作業は丁寧に行うもの。劣化の度合いによって対処方法も異なります。

シーラー・プライマー

どちらも塗装の下塗り剤のことで、シーラーはコンクリートなどに塗料が付きやすくするもの。プライマーは、吸い込みのない金属面などに使用します。用途や素材によって使い分けが必要となります。

フィーラー

シーラーにパテ効果を併せ持った下塗り剤がフィーラーで、サーフェサーなどと呼ばれることもあります。クラックのある箇所の補修用途にもなり、塗膜を平滑にしてくれます。なお、モルタルの下地には微弾性フィーラーがベストとされています。

下塗り

下地調整をした後、下塗りをすることで塗料が付きやすくしたり、発色をよくしたりする効果があります。また、塗料が素材に吸い込まれてしまうのを防ぐ役割もあります。シーラー、プライマー、フィーラーなどは、この下塗り工程で使用されます。

中塗り(本塗装1回目)

三度塗り工程の中では、本塗装の一回目にあたります。上塗りを補強する意味合いがあり、中塗りの翌日に上塗りをするのが基本。三度塗りでも中塗りと上塗りを同日に行ってしまうと、中塗りが乾いておらず強度や耐久性が落ちることもあります。

上塗り(本塗装2回目)

中塗りと上塗りは基本的に同じ塗料を使用しますが、業者の中には同系色で色違いの塗料を使う場合もあります。これは、完全に同じ色だと塗り漏れがあった場合に気づきにくいという点から考慮された工夫のようです。

吹き付け塗装

ローラーや刷毛では塗りにくい箇所に塗装する際、スプレーガンに塗料を入れて吹き付ける方法。シャッターや雨戸を塗装する時に利用されますが、風に影響を受けますし、養生をきちんとしていないと不要な箇所に塗料が付いてしまうことがあります。

塗料のランク(グレード)

塗料は種類によって性能や耐用年数の違いがあり、それをランクもしくはグレードと呼びます。塗装工事で複数の塗料を使い分ける場合、耐用年数を揃えるためにすべて同ランクの塗料を使います。ランクは低い方から以下の順になります。

アクリル塗料<ウレタン塗料<シリコン塗料<フッ素塗料、断熱塗料<光触媒塗料

溶剤

シンナー、ラッカー、水といった、塗料を薄めることで塗装しやすいようにする液体。塗膜ができあがるまでの過程では不可欠なものですが、溶剤は蒸発して消散する物質なので、塗膜ができあがった段階ではなくなっているのが特徴です。