塗料の種類と相場

このページでは、種類とランクによる違いなども含めて、外壁塗装で使用する塗料の価格相場を紹介します。

塗料のランクと価格から理解する外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の塗料の費用相場説明イメージ外壁塗装で使う塗料には様々な種類があり、それらは性能も異なれば価格も異なります。それぞれの特徴は当ページの下部で改めて説明しますが、基本的には耐用年数と価格が比例します。それを簡単にまとめると、価格が安い順番としては以下のようになります。

  • アクリル塗料<ウレタン塗料<シリコン塗料<フッ素塗料、断熱塗料<光触媒塗料

近年の傾向として、もっともポピュラーなのはシリコン系塗料。塗料によって耐用年数が違うわけですから、外壁塗装をする際はすべて同じランクの塗料を使うのが基本で、部分的に低ランクの塗料を使うような業者は避けてください。

主な外壁塗装塗料の耐用年数と特徴一覧

上で触れた外壁塗装の塗料について、それぞれの特徴を簡単に整理してみましょう。

塗料 耐用年数 特徴
アクリル塗料 5~8年程度 低価格で重ね塗りに適しているので、短期間での塗り替えで使われる傾向があります。水分を通しやすく汚れやすいのがデメリット。
ウレタン塗料 8~11年程度 光沢に特徴があり、高性能とはいえないまでも中長期的な塗り替えでも使えます。
シリコン塗料 12~15年程度 耐久性や耐候性に優れていて、アクリルやウレタンより長持ちするため費用対効果は高いといえます。
フッ素塗料 15~20年程度 耐候性がかなり高いので、屋根の塗装によく使われます。価格が比較的高く、建物自体がヒビ割れした場合は塗膜も割れてしまうのが難点です。
断熱塗料 15~20年程度 セラミックの粒子を配合することで、断熱・遮熱効果を高めた塗料。施工が難しいといわれ、熟練した業者に依頼する必要があります。
光触媒塗料 20年程度 太陽光によって汚れを分解して浮かせることができるため、簡単に汚れが落ちるのが大きな特徴。環境にも優しく維持コスト削減になるものの、価格が高くサビには効果がないなどのデメリットもあります。

外壁塗装の塗料別価格相場一覧

これらの塗料を実際に使った場合、家全体分の費用としてはどの程度の違いが出るのか、価格相場を基準にして比較してみたのが以下の票です。

建坪 25坪 30坪 35坪 40坪
アクリル塗料 861,000円 1,050,000円 1,165,500円 1,281,000円
ウレタン塗料 913,500円 1,113,000円 1,239,000円 1,354,500円
シリコン塗料 966,000円 1,113,000円 1,302,000円 1,428,000円
フッ素塗料 1,134,000円 1,365,000円 1,512,000円 1,648,500円
断熱塗料 1,239,000円 1,491,000円 1,648,500円 1,795,500円
光触媒塗料 1,344,000円 1,617,000円 1,785,000円 1,942,500円

家の形状や劣化状態などによって価格は異なりますので、あくまで目安として参考にしてみてください。同じメーカーの同じ塗料で、他社より大幅に安い見積もりを提示する業者の場合、薄めて使ったり、塗装回数が少なかったりすることもあるので、適正価格で施工品質もきちんとした業者を選びましょう。

費用・品質もナットクできる大阪の外壁塗装業者を比較しています