依頼前に知っておきたい外壁塗装工事のイロハ

このカテゴリーでは、塗り替えすべきタイミングや施工の流れ、そして事例紹介まで外壁塗装工事に関する基礎知識を紹介しています。

塗装以外にも知っておくべき外壁塗装工事の重要ポイント

外壁塗装工事はどんな塗料を使うか、丁寧に塗装ができるかという点が重要なのは間違いありませんが、全体の工程を考えると、他にも重視すべき点はあります。詳細ページでは全工程や塗料の選択ポイントなどを紹介していますが、ここでは工程の中でも特に注意すべき点を一部ピックアップして紹介しておきましょう。

近隣への挨拶と説明をきちんとする

塗装工事は高圧洗浄や塗装など、近隣のヒトから見ても気になる作業を行います。経験豊富な業者なら周囲に迷惑をかけることもないでしょうが、工事をスタートするにあたっては挨拶と説明が欠かせません。評判のいい業者はこうした工事以外の部分でもきちんと配慮してくれます。

下地処理が適切で丁寧

同じ材質の外壁でも劣化状態は千差万別。高性能な塗料を使うとしても、その外壁の状態に合わせて、適切な下地調整をしないと、塗料も十分に性能を発揮することはできません。熟練の職人なら、下地処理こそ丁寧な仕事をするものです。

断熱塗料や光触媒塗料などは専門性が必要

高性能な塗料として近年注目されているのが断熱塗料光触媒塗料。高価な分、耐用年数も長く維持の手間がかからないなどのメリットがあるのですが、施工にあたっては専門の知識と技術が必要で、実績のある業者に頼むのが正解です。

なお、詳細ページでは施工事例のビフォー&アフター写真も掲載しています。外壁塗装プロの手にかかった際、どれだけ古い家はリニューアルされるのかをご覧ください。