塗り替えのタイミング

このページでは、外壁塗装が必要となるような劣化状態の見分け方や、その理由などを紹介します。

一般的な住宅における外壁塗装時期の目安

外壁塗装時期の目安のイメージ家を建てた時あるいは購入した時、塗料や素材による違いなども含めて外壁は何年くらい経ったら塗り替えをした方がいいと聞いた憶えはありませんか?建物だけでなく気候風土による影響も考慮する必要はありますが、一般的な住宅なら築10年がひとつの塗り替え目安。素材などによる特性なども踏まえると、主なところで以下の年数が参考になると思います。

  • 吹き付けの外壁/6~10年
  • サイデイングの外壁/10年
  • ALCパネルの外壁/10年
  • カラートタンの屋根/5~8年
  • スレート(コロニアル)の屋根/10年
  • 木部/3年
  • 鉄部/3年

なお、ひとつの家であっても紫外線が長時間当たる箇所と、日陰の箇所、湿気の多い箇所などによっても劣化の進行度合いは違ってきます。特定箇所の劣化がひどい場合なら部分補修をすることもあるでしょうが、基本的に外壁塗装は全体をまとめて施工する方が効率的なので、劣化進行の早い部分をチェックするのがポイントです。

外壁塗装時期を判断するためのチェックポイント

実際に外壁塗装をするかどうか、具体的に検討するには一般人が見てもわかるようなポイントを知っておくのが便利です。以下の10ポイントはパッと見でわかる現象であり、専門知識がなくても劣化していることがわかるもの。業者の定期メンテナンスがある家は別として、けっこう年数が経っているなら、これらのポイントを参考に、自分でも年に数回はチェックしてみてください。

  1. 外壁にヒビが入っている箇所がある
  2. 外壁塗装が部分的に剥がれている
  3. 落としにくい汚れが外壁に付着している
  4. 外壁塗装が色褪せてきている
  5. 塗装の一部に膨らんでいる箇所がある
  6. 外壁の日陰部分などにカビが生えている
  7. 外壁の日陰部分などに藻が発生している
  8. 外壁にサビの発生が見られる
  9. 外壁のはがれた箇所などに腐食が見られる
  10. 外壁に触ると白い粉が手に付くチョーキング現象が見られる

こうした現象はどれかひとつだけが進行するというより、年数が経てばごく普通に起きるもの。劣化の程度を一般人がどう判断するかというよりは、常識的に見て上記のような劣化が気になるようになってきたら、一度専門業者に相談することをおすすめします。

外壁の塗り替えが必要な理由とは

築年数が経ってくると、外壁の汚れもあまり気にならなくなってくるかもしれませんが、外壁の劣化を放置しておくと結果的には家全体のダメージを大きくしかねません。外壁の塗り替えをすることによって、主に以下の3つのリスク対策になるわけです。

外壁を塗り直すことで劣化防止力を高める

外壁は常に風雨にさらされるなど悪条件の中で家をガードしているという側面があります。外壁を塗り直すことによって、そのガードを再び高める効果が期待できるわけです。

雨漏りなど水の侵入を防止する

屋根や外壁の劣化で、家内部へのダメージにも大きく影響するのが水の浸入。雨漏りがあれば屋根裏から天井、内壁など被害がどんどん拡大していくので、外部からの水の浸入を防ぐためにも定期的な外壁塗装の塗り替えは欠かせません。

家の寿命を長くする

外壁塗装を定期的にやり直すなどメンテナンスしておけば、ノーメンテの状態に比べて家の寿命も大きく延ばすことができます。

万が一、外壁の劣化や腐食を放置してしまった場合、最悪、外壁の崩壊や家が傾くといった大きなトラブルにつながりかねません。したがって、家のメンテナンスはこまめに行う方が中長期的に見るとコスト軽減になる傾向もあるわけです。