大手と地元業者、どちらを選ぶ?

このページでは、大手と地元業者それぞれのメリットとデメリットを比較して、外壁塗装業者選びのポイントを紹介します。

大手のメリットとデメリット|おすすめの外壁塗装業者選び

おすすめの外壁塗装業者選びの説明イメージ外壁塗装を依頼する場合、塗装専門の業者ではなく、ハウスメーカー総合リフォーム店などいわゆる大手企業でも対応してくれるので、家を建ててくれた業者や、広告で目にした業者に相談することもあるでしょう。そうした大手企業による外壁塗装のメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

大手企業による外壁塗装のメリット

  • 保証や定期点検などアフターサポートがしっかりしている
  • 大手の下請け業者だと工事の手抜きがあまりない
  • トラブル時の対応でも安心できる
  • パンフレットや資料などの提案要素が豊富

大手企業による外壁塗装のデメリット

  • 下請け業者を使うので中間マージンなどコスト高になる
  • 対応するのは営業マンなので職人に比べて専門知識に欠ける
  • 宣伝費や人件費などの分で工事費用が高めになる
  • 施工期間中に下請け職人が代わることがある

地元業者のメリットとデメリット|おすすめの外壁塗装業者選び

大手が発注するのは地元の塗装専門業者であり、そちらに直接依頼するという方法もあり、その場合のメリットとデメリットは主に以下のようになります。

地元業者による外壁塗装のメリット

  • 自社施工業者なら中間マージンなどがなく安価になる
  • 企業規模は小さくても長年の実績があればアフターサポートも安心
  • 職人との距離が近いので施工内容の齟齬が起きにくい
  • 職人ならではのこだわりの施工品質が期待できる

地元業者による外壁塗装のデメリット

  • パンフレットや資料などの検討材料が少ない
  • 職人の人数が少ないとスケジュールの柔軟性に欠ける場合がある
  • 大手と比べて保証期間が短い場合がある

元請けと下請けの関係と、中間マージンや手抜き工事のカラクリ

これは外壁塗装に限ったことではなく建設業界全般にいえることですが、元請けと下請けという構造があって、そこには当然中間マージンが発生するわけです。宣伝力や営業力の面で元請け業者に依頼するケースが多くなるのも必然ではありますが、実際に施工をするのは一般的に地元の下請け業者。依頼する側から見れば、直接下請け業者に頼む方が同等の施工でも割安になるわけです。

一方、元請け業者でも見積が比較安価に提示されるケースもあります。これなら安心かといえば、必ずしもそうではありません。元請け業者は自社の利益を確保するため、下請け業者への外注費を抑えるわけです。そうすると、下請け業者は塗料を薄めたり、三度塗りを二度塗りにするなどして原価を抑えようとして、結果的に手抜き工事になるリスクがあるので、元請け業者で安価なところは注意が必要です。

信頼できる大阪の地域密着型・外壁塗装業者比較ガイドはこちら