業者選びのポイント

このページでは、優良業者と悪徳業者の違いなど外壁塗装業者選びで失敗しないための注意点を紹介します。

優良業者はココが違う!外壁塗装業者選びのコツ

外壁塗装業者の選び方の説明イメージ外壁塗装業者を選ぶ際、より質の高い施工をしてくれる業者を選ぶにはどんな点を比較すればよいでしょうか。まず必須条件としては、外壁塗装の施工実績が豊富であること。業者の公式サイトを見れば、多くは施工実績をビフォーアフターの写真付きで掲載しています。仕事ぶりに自信があって事例が豊富な業者なら、それらを見てどんな仕事をしているのかチェックしてください。

それ以外にチェックしたいのが、相見積をとった上での以下の5つのポイントです。

使う塗料はすべて同じランクか

見積明細には使用する塗料のメーカーや品番が記載されていて、それらが同じランクのものかを確認してください。優良業者なら塗料の性能や特徴、外壁とのマッチングなどもきちんと説明してくれます。

塗装は三度塗りか

今の外壁塗装では下塗り・中塗り・上塗りと三回塗装を重ねていくのが一般的。その分、工程も増えるわけである程度費用はかかるのですが、安いからといって二度塗りだったりする業者は避けましょう。

ケレンの作業費は見積に含まれているか

クレンと記載されている作業は下地調整の一種で、きちんとした外壁塗装に仕上げるために欠かせない作業。この作業が丁寧な業者なら仕上がりも安心できるので、現地を見た上でどんな作業をするのか、具体的な説明を聞くようにしてください。

見積計上している塗装面積を比較する

現地調査した上での見積には外壁塗装する建物の面積が掲載されています。塗料の使用量や作業時間にも影響するので業者による違いがあれば算出基準を確認してください。

塗装箇所が全て書いてあるか

塗装面積に加えて、どの部分を塗装するのかも具体的に記載されている業者がおすすめ。細かな部分まで明記されていれば安心です。

悪徳業者はココに注意!外壁塗装業者選びのコツ

優良業者とは反対に、こんな業者には依頼しないように注意したいのが以下の3つのポイントです。

不安を煽って契約を急かす

一般人にはわからなくても専門家が見れば劣化がひどいというケースもありますが、現地調査の後に不安を煽るようなことをいって契約を急がせるような業者には気をつけてください。雨漏りしているような状態ならいざ知らず、一般的なメンテナンスとしての外壁塗装ならある程度検討期間をおいて、複数業者から選定するのが基本です。

競合他社より安いとアピールする

ムダに高い費用を払う必要はないのですが、安さばかりをアピールする業者は要注意。外壁塗装でいえば、安いのは塗料代か人件費を削っている証拠。安い塗料を使ったり経験の浅い職人を使うなどが考えられます。

塗料を所定以上に薄めて使う

これは施工の様子を見ていてもわからないかもしれませんが、塗料にはメーカーが定めた希釈量があり、それにそって使わないときちんとした性能が発揮されません。使用する塗料はいい製品でも、他社より目立って安価な見積を提示してくる業者は、必要以上に塗料を薄めて使うことで利益を上げているケースもあるので注意してください。

このように、優良業者と悪徳業者には明確な違いがあり、安さを強調して契約を急かすような業者は避けること。まともな仕事を依頼するには適正価格が必要で、業者選びでは費用と品質の最適バランスを見極めることが大切です。

大阪の優良な外壁塗装業者を比較チェックしてみる